アクセス案内

〒033-0133
青森県三沢市鹿中三丁目145-497

お問合せ

メールはこちらから

事業地域

三沢市、八戸市、十和田市を中心とした青森県全域

堅木工房の家

三沢市 I 様邸

【外観】

【Wクローゼット】
全て地物の杉で製作。簡易タンスも無垢の手造りです。

【キッチン】
天板は手作りキッチン作業台兼収納天板は天然秋田杉。その他の部分は青森ヒバ。

【リビング】
掃出し窓から田園風景を望む。床も腰壁もこだわりのクリ無垢材。

【パウダールーム】
気に入りの洗面ボールはユニットからの部品取りで木の部分は青森ヒバで製作しました。

三沢市 H 様邸

スタジオを持ったオープンな住宅です。
「たのしく やさしく」をテーマにプランニングを致しました。
右側の下屋根部分がスタジオのスペース、玄関ドアは自社製でニレの埋もれ木を使用しています。
薪ストーブをメインに据えたアットホームな住宅に仕上がりました。

三沢市 H 様邸リビング

【外観】

三沢市 H 様邸リビング

【リビング】
左側のはき出し窓から、大きなデッキに出られます。床はクリ無垢、階段はケヤキ無垢です。
映っている座卓は仮置きのものでアカマツの1枚板の大きな食卓兼座卓を入れています。

三沢市 H 様邸寝室

【寝室】
ソーイングコーナーを設けました。
仕上げはスギの無垢材、壁は一部塗り壁。建具は自社製青森ヒバの無垢材、ソーイングカウンターは小ナラの1枚板です。

三沢市 H 様邸プレイルーム

【2階 プレイルーム】
将来の子供部屋です。
2部屋分のスペースを1間で取っています。天井の梁にロープをかけて遊べるようになっております。

三沢市 H 様邸スタジオ

【スタジオ】
非常にこだわったスタジオです。
こちらののスタジオで、小ナラの在庫が無くなった程です。
端材は薪ストーブ用に提供しました。ちなみに御主人の楽器演奏はプロ以上?です。

 

三沢市 M 様邸

和室と薪ストーブ、和洋折衷を大人の雰囲気でご提案いたしました。

二間続きの和室・薪ストーブ設置のダイニングに、使い勝手のよいキッチンと、なかなかやりがいのある仕事でした。

柱・間柱の入れ方がよく分かりそうなので、あえて中途の画像にしました。

三沢市 M 様邸外観(建設中)

【外観(建設中)】

三沢市M様邸【リビング周りの軸組・梁組】

【リビング周りの軸組・梁組】
上の化粧梁は通称田中山のスギ110年もの、下の平物はケヤキ(10年以上乾燥)です。

三沢市 M 様邸キッチンまわり

【キッチン周りの軸組・梁組】
化粧梁は虎の子の曲がりのきれいなヒノキ。ここはこの木から聞いて、小屋組を決めました。

三沢市 M 様邸リビングから和室をのぞむ

【リビングから和室を望む】         ケヤキの柱に支えられた平物もケヤキ。平物は梁の働きもするので張っている物(曲がり材)がベストです。

三沢市 M 様邸和室の天井

【和室の天井は45cm角の格天井】 化粧梁110年ものの、根に近い部分の板材を使用いたしました。

六戸町 N 様邸

音楽と土間と薪ストーブ。ラフでありながら、繊細なものとの共存。
和の平屋風にこだわりをもった施主様で、提案プランはことごとく却下でした。
でも、最後のご提案は聞き入れて頂けました。和室と薪ストーブ、和洋折衷を大人の雰囲気でご提案いたしました。
二間続きの和室・薪ストーブ設置のダイニングに、使い勝手のよいキッチンと、なかなかやりがいのある仕事でした。
柱・間柱の入れ方がよく分かりそうなので、あえて中途の画像にしました。

六戸町 N 様邸外観

【外観】

六戸町 N 様邸リビング

【リビング】
リビング床はクリ無垢、壁はクリ無垢と塗り壁、天井はスギ無垢です。ここにグランドピアノとこだわりのステレオが納まります。
特に、床の補強が大変でした。床下は殆ど人が通れません。奥の階段から車庫上のプライベートルームへ。戸を開け放つとミニコンサート会場に変身します。

六戸町 N 様邸ダイニングキッチン

【ダイニングキッチン】
キッチンに薪ストーブ。

ダイニングにはケヤキ埋もれ木の、自社製火鉢兼食卓(飯台)が入ります。右の板戸(田中山のスギ120年物)の奥が和室です。

六戸町 N 様邸和室

【和室】
縁側にぐるりと囲まれた板畳(アカマツ)の和室です。スギの雪見障子は天然秋田杉と田中山の120年物のスギのコラボレーションです。床の間はセンで仕上げました。

六戸町 N 様邸プライベートルーム

【プライベートルーム】
プライベートルームはほぼスギでまとめています。和室には丸太の外側の見栄えのいいところを使います。
丸太の内側は構造材の他にプライベートルームや、本棚・収納の内壁等に使われていきます。木の赤身の節有は丈夫なんですけどね。

青森市 Y 様邸

和風にこだわった平屋の家です。

和風の中で土間とアトリエの連携に少々苦労しましたが、平面的な屋根の重なり、具合がいい雰囲気になりました。

平屋建ての吹き抜けのある建物です。

【和室】

構造材・仕上材・建具などはスギ。
和室はなるべく柾目になるよう木取りします。
縁側の床はアカマツ・床の間はケヤキを使いました。

【寝室】

仕上げは和風に。床はスギの板畳に致しました。ベッドも自社製(ヒノキ)です。

八戸市 K 様邸

勝手口から「あそぶ 暮らす」

子供と一緒に車をいじったり機械をいじったり、リビング・キッチンと一体の遊びの空間をご提案致しました。

もちろん薪ストーブもここに・・・ひさびさに効率的な勝手口ができました。